日本医薬品直販メーカー協議会〔略称:直販協〕
Japan Direct Selling Pharmaceutical manufacturers Association 会員専用頁はこちら

概要

昭和40年10月8日に設立
設立当時は二つの大きな問題が発生しました。
一つには、昭和40年のアンプルかぜ薬の副作用発生による製造販売中止問題、二つには、医薬品の「特殊指定」問題の発生でした。
これらの問題に対応するため、薬局、薬店等に直接営業形態を持つ医薬品製造業者を主体に、日本医薬品直販メーカー協議会を設立し、一般用医薬品に係わる諸問題の解決に積極的な活動に取り組んできました。更に昭和41年にはドリンク剤の課税問題に直面し、国会、行政当局等に陳情を行い、要望どおりの成果が得られています。

目的

小売店に直結した営業形態をもつ医薬品製造販売事業者を主体として構成し、会員相互の緊密な連携を保ち、優良医薬品の開発、普及並びに流通の適正化に努め、わが国医薬品産業の健全な発展を図り、もって国民の健康維持増進に寄与することを目的としています。

事業内容
医薬品の生産・品質管理に関する事項
医薬品の品質・有効性・安全性に関する事項
薬事関連法規に関する事項
教育研修に関する事項
優良医薬品の開発、普及並びに流通の適正化に関する事項
医薬品の相談に関する事項
関係行政機関並びに関連団体との連絡調整、折衝及び意見具申
会員相互の連携及び啓発に関する事項
行政関係通知等迅速な情報提供
その他必要な事項
会員数

全国の一般用医薬品製造販売企業の専業及び医療用医薬品製造販売企業の兼業メーカー36社で組織されています。

Back To Top